スポンサードリンク

検索

アクセスランキング

スポンサードリンク

25件のコメント

財務省の神田財務官が絶妙な手腕で日銀砲をぶっ放した模様、すご腕FXトレーダーも顔負けだと専門家が明らかに

1:名無しさん


すご腕FXトレーダーも顔負け

 急激な円安に歯止めをかけるため、財務省が行った為替介入(実施は日銀)は9兆円以上にものぼる。9月から10月にかけての介入で、一時は1ドル=151円を突破した為替相場も、その後は小康状態になった。

 シグマ・キャピタル代表の田代秀敏氏によると、

「為替介入はタイミングが重要です。円ドルのマーケットでは一日に数百兆円が取引されるため、いくら財務省でも力ずくで相場を動かせるものではありません。ですから基本的に投機筋が休んでいる金曜の夜などに不意打ちするのは常套手段。米国の財政当局等と緊密な連絡を取りながら、ここぞという瞬間に大量の注文を出し、行き過ぎた為替水準に冷水をかけるのです」

 もちろん為替介入は利益を出すのが目的ではないが、財務省は結果的に大儲けとなったはずだ。同省は利益を明らかにしていないため、公表されている数字で計算してみる。外国為替資金特別会計で保有している外貨預金は約1370億ドル。この中には前回の11年前に為替介入した際のドルが含まれている。当時、財務省は1ドル=70円台に突入するほどの超円高にブレーキをかけるため、約14兆円分の円売りドル買いを行ったのだ。そして今回は逆に約9兆1881億円分のドル売り円買いを実施。言うなれば安く仕込んでおいたドルを高値のピークで手放したことになる。

全文はこちら
https://news.yahoo.co.jp/articles/66bd2e5ffceeaac3d40ba8fac344b68b172fd206

 

続きを読む

39件のコメント

逆転敗北したドイツが全世界から煽られまくっている模様、色々な意味で無慈悲なコメントが殺到中

1:名無しさん

続きを読む

42件のコメント

日本の2nm半導体の国内製造計画をアメリカ国務省が全面パックアップする意向を表明、「リーダーとしての日本の復活」に期待

1:名無しさん


米、半導体で日本復活期待 リーダー役、IPEF通じ

米国務省のディラワー・サイエド特別代表(経済連携担当)が24日までに共同通信のインタビューに応じ、半導体市場で「リーダーとしての日本の復活」に期待を示した。中国に対抗する米国主導の新経済圏構想「インド太平洋経済枠組み(IPEF)」は、半導体など重要物資のサプライチェーン(供給網)強化を掲げており、サイエド氏はIPEFを通じた日本の関与強化を求めた。

全文はこちら
https://nordot.app/968432758791159808

 

続きを読む

25件のコメント

文在寅がペンス前副大統領に金与正との公開対面を要求、「安倍元首相とわざと遅刻して参加しなかった」とペンス氏が告白

1:名無しさん


 2018年2月の平昌冬季五輪で文在寅(ムン・ジェイン)大統領は米国のペンス副大統領(いずれも当時)を誘導し、北朝鮮の金与正(キム・ヨジョン)朝鮮労働党副部長と公開で対面させようとしたが、ペンス氏はこれを意図して避けたことが分かった。ペンス氏が自らの回顧録で明らかにした。<中略>

 ペンス氏は「事前の歓迎レセプションでは文前大統領の演出で北朝鮮関係者と私はヘッドテーブルで同席することになっていた」「宴会が始まる前にグループごとの写真撮影が予定されていたが、安倍元首相と私は意図して遅刻し参加しなかった」と説明した。実際にペンス氏と安倍元首相は文前大統領の歓迎のあいさつが終わるまで会場に入らず別の部屋で待機し、別に写真撮影を行った。

 レセプションが始まって10分が過ぎてから会場に入ったペンス氏は文前大統領のエスコートを受けた。ペンス氏は「文前大統領が私と金与正との対面を丁重に強要することは明らかだった」とした上で「そうなればこれは北朝鮮にとって巨大な象徴的勝利を意味するものであり、(私には)あってはならないことだった」「文前大統領は私と安倍元首相を北朝鮮の方に案内したが、私は距離を維持した」と当時の状況について伝えた。

全文はこちら
https://news.yahoo.co.jp/articles/3f83724993e216848cec81c7b00e0ec9ad4abdad

 

続きを読む

14件のコメント

英BBCの解説者が日本VSドイツ戦の結果を正確に予測していた模様、ドイツについてはよく分からない

1:名無しさん


[ノリッジやブラックバーン、スコットランドのセルティックなどで活躍し、イングランド代表に名を連ねたこともある英BBCの解説者、クリス・サットン氏(49)が22年ワールドカップ(W杯)カタール大会の各組初戦の結果を予想。E組では日本が2-1でドイツを破ると予想した。

同氏は「多くの人々がドイツとスペインが16強に進むと思っているかもしれないが、何人かの技術的に才能のある選手を擁する日本を軽視するわけにはいかない」「ドイツについてはよく分からない。彼らはカタールで(チームとして)まとまるかもしれないが、過去12カ月は不安定だった。彼らが緩い感じで大会に入るとすれば、日本にとってチャンスが生まれる」とコメント。

E組ではスペインと日本が決勝トーナメントに進み、ドイツが3位、コスタリカが最下位と予想した。
https://www.nikkansports.com/soccer/qatar2022/news/202211200000344.html

 

続きを読む

19件のコメント

日本に逆転敗北したドイツ代表が前半で大会新記録を達成する珍プレーをやらかしていた模様、負けながら変な記録たてんなw

1:名無しさん


日本代表のカタール・ワールドカップ(W杯)グループリーグ初戦、ドイツ代表戦が11月23日に行われ、前半33分にPKで失点して0-1のビハインドでハーフタイムを迎えた。データ分析会社「オプタ」は、ドイツ代表が前半に記録したパス成功数について「1966年以降のワールドカップで歴代最多」と伝えた。<中略>

 データ分析会社「オプタ」は「422 – ドイツの日本戦前半時間帯に記録したパス成功数は、詳細データ収集が可能な1966年以降のワールドカップでは歴代最多。キープ。#GERJPN #FIFAWorldCup」と、442本のパス成功数は新記録だったと伝えた。

全文はこちら
https://news.yahoo.co.jp/articles/a2f007a291b703b4de4420d5e4853f473296e4d9

 

続きを読む

39件のコメント

W杯ドイツ代表が日本との試合前の写真撮影で口をふさぐポーズ、真面目にサッカーに取り組めよ

1:名無しさん




W杯ドイツ代表、写真撮影で口ふさぐポーズ 虹色腕章禁止に抗議

 サッカーW杯カタール大会(2022 World Cup)で23日、ドイツ代表の選手が日本との試合前の写真撮影で口をふさぐポーズをし、国際サッカー連盟(FIFA)が虹色のキャプテンマークの使用を禁止したことに対して抗議した。

 ドイツなど欧州の7チームは、多様性を訴える取り組みの一環として、今大会で虹色のキャプテンマークを着けることを計画していたが、FIFAからイエローカードなど処分の対象になるとの警告を受け、着用を断念していた。この腕章は、W杯開催国のカタールが同性愛を違法としていることへの抗議とみられていた。

全文はこちら
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20221123-00000034-jij_afp-socc

 

続きを読む

42件のコメント

W杯日本代表の汚れ一つない控え室をFIFAが大絶賛、「Domo Arigato(どうも ありがとう)」と感謝の言葉を書き込む

1:名無しさん


FIFA=国際サッカー連盟は公式ツイッターで、ドイツ戦で勝利した日本代表のロッカールームの写真を紹介し、「汚れ一つない」として感謝のことばを書き込んでいます。

FIFAの公式ツイッターは24日、日本代表がワールドカップ1次リーグの初戦で強豪のドイツに逆転で勝利し、引き上げたあとのロッカールームの写真を投稿しました。

ロッカールームは整理整頓され、タオルなどもきれいに畳まれていて、「歴史的な勝利のあとです。日本のファンがスタジアムのごみを掃除してくれた一方で、日本代表もロッカールームをこのような状態にして引き上げていきました。汚れ一つありません」と褒めたたえ、「Domo Arigato(どうも ありがとう)」と、日本語のつづりで感謝のことばを書き込んでいます。

全文はこちら
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20221124/k10013901891000.html


 

続きを読む

35件のコメント

W杯ドイツ戦での日本の逆転勝利に各国メディアも驚きを隠せず、ドイツは言葉を失ってピッチを後にした

1:名無しさん


各国メディアは、カタール・ワールドカップでの日本代表のドイツ代表戦逆転勝利を驚きとともに伝えた。

23日に行われたカタール・ワールドカップグループE第1節で日本とドイツが対戦。開始早々に前田大然がネットを揺らすも、オフサイドでゴールは認められず。その後、33分にPKから失点して先手を取られる。それでも後半、守備陣が踏ん張る日本は、75分に堂安律がゴールを決めて同点に。その8分後には、浅野琢磨が得点を挙げ、日本が2-1で逆転勝利した。

この結果は、各国メディアで驚きとともに伝えられており、イタリア『ガゼッタ・デッロ・スポルト』では「ドイツのハラキリ、日本はクーデターを起こして2-1で勝利した」と報道。また、スイス『Blick』は「日本はセンセーションを作り出した。ドイツは言葉を失ってピッチを後にした」と伝えた。

また、イギリス『デイリー・メール』は「アンダードッグの日本がドイツでプレーする選手による終盤の2ゴールで今大会2度目の番狂わせを演じた」と、前日のサウジアラビアがアルゼンチンに逆転勝利した結果に続く大金星であると称えた。

日本の逆転勝利には、『スカイスポーツ』で解説を務めるギャリー・ネヴィル氏も驚きを隠せず「絶対にドイツが勝利すると予想していた。とても大きな衝撃だ!」と話し、元スコットランド代表のグレアム・スーネス氏も「かなりの一撃だ」とコメントしていた。

また、アイルランド代表やマンチェスター・ユナイテッドでプレーしたロイ・キーン氏は「日本の監督はとても大きな称賛に値する。途中出場の選手たちが魂や闘志、エネルギーをチームにもたらすことは明白だったが、それ以上に彼らはインテリジェンスや最高のクオリティを示した。彼らはチームメイトを押し上げるためのインパクトを残し、この試合に影響を与えた」と称えていた。

https://news.yahoo.co.jp/articles/8041fee3f93579663c960f108e26a64f9a2e94d7

 

続きを読む

57件のコメント

日本に逆転敗北したドイツ代表DFの奇行が物議を醸している模様、日本側を煽り倒した挙げ句に負けた

1:名無しさん




日本が2-1でドイツを撃破 リュディガーの奇行が話題に「笑いを起こそうとした」

 日本代表は現地時間11月23日、カタール・ワールドカップ(W杯)の初戦でドイツ代表と対戦。2-1の逆転勝利で大金星を飾った。一方、試合中にドイツ代表DFアントニオ・リュディガーが見せた“奇妙なステップ”に母国の大手メディアも「からかっているのか?」と疑問を投げかけている。<中略>

 一方、世界で話題を呼んでいるのが、後半途中にあったリュディガーの振る舞いだ。日本の縦パスに走り込んだ浅野に対し、リュディガーが余裕を持って制した際に、両足を高く上げて奇妙なステップを披露していた。守備対応をしたあとも浅野に向けて笑顔を見せているようにも映っていた。

 このシーンを受け、ドイツ大手紙「BILD」は「リュディガーは対戦相手をからかったのか?」と見出しを打ち、「勝利を目前にしたリュディガーは、多くの笑いを起こそうとした」と言及。また、「リュディガーは浅野の方を見続け、ニヤニヤせずにはいられなかったようだ…」と説明している。

全文はこちら
https://news.yahoo.co.jp/articles/cc57f3b0d680511265d28f1c1d5fa1a42479d49f

 

続きを読む

40件のコメント

W杯で日本に敗北したドイツ代表を地元メディアが酷評しまくり、観客がいた店内では怒号が飛び交う

1:名無しさん


【ベルリン=共同】サッカー・ワールドカップ(W杯)カタール大会で日本に敗れ、黒星スタートとなったドイツでは23日、地元メディアが敗戦を「衝撃の逆転負け」「恥さらし」などと酷評した。優勝候補ながら1次リーグで敗退した前大会の悪夢を予感させるとの指摘も出ている。

ベルリンのスポーツバーには23日、平日の日中にもかかわらず、約150人のファンらが集結して中継を見守った。前半のドイツの先制点ではファンらが総立ちになって歓声を上げたが、日本が後半逆転すると店内は怒号が飛び交い、その後はため息に包まれた。「悔しい」との声も上がった。

フィリップ・デンボウシュさん(31)は、強豪スペインが次の相手のため「この試合は勝たなければいけなかった」とうなだれた。

ベルリン中心部で仕事帰りのマンフレッド・リンドマンさん(40)は「日本は勝利に値する戦いをしていた。ドイツは今回も敗退するのではないか」と悲観した。

ウェルト紙は「消極的なドイツが日本相手に恥をさらした」と非難。フランクフルター・アルゲマイネ紙はスペインとの次戦を控え「もう敗退の危機」と報じた。

全文はこちら
https://www.nikkei.com/article/DGXZQOUF240EN0U2A121C2000000/

 

続きを読む

30件のコメント

カタールW杯での日本の逆転勝利にドイツ紙もびっくり、「ショックが大きい」「大失敗のスタート」と速報を伝える

1:名無しさん


◆カタールW杯 ▽1次リーグE組 ドイツ1―2日本(23日・ハリファ国際競技場)

 日本代表が今大会初戦をドイツと対戦。前半を0―1で折り返したが、後半30分にMF堂安律が同点ゴールを決めた。そして同38分に浅野が勝ち越しゴールを決めた。

 ドイツ紙「ビルド」はWEB速報で「ショックが大きい」「大失敗のスタート」との見出しで、想定外の逆転負けを伝えた。

https://news.yahoo.co.jp/articles/aa49d26f57c350b58d72e575609c3ca3a0f1cb96

 

続きを読む

33件のコメント

在宅勤務からオフィスに戻ったTwitter社員、優雅すぎる職場環境をTiktokで公開して目撃者が騒然

2:名無しさん




https://video.twimg.com/ext_tw_video/1594110294313570304/pu/vid/576×1024/7QT3Cb1a4BVbHuLz.mp4

 

続きを読む

22件のコメント

「どうやら我々は知らないうちにあの世に来てしまったらしいな」とイーロン・マスク氏が煽りまくり、どこかで見たような感じだ

1:名無しさん




Elon Musk
@elonmusk
Wasn’t Twitter supposed to die by now or something … ?
(ツイッターは今頃もう死んでるとかなんとか言ってなかったっけ?)



Elon Musk
@elonmusk
Maybe we’ve gone to heaven/hell & don’t know it ??
(どうやら我々は知らないうちにあの世に来てしまったらしいな)

 

続きを読む

15件のコメント

体重30kgの「超巨大金魚」がフランスの湖で釣り上げられた模様、釣り上げた人がマジでイギリス人っぽい

1:名無しさん


フランスのシャンパーニュ地方の湖で、30キロの金魚が釣り上げられた。

英『ガーディアン』の報道によると、見事に釣ったのは、イギリス人のアンディ・ハケットさん、42歳。英語名で「ブルー・ウオーター・レイク」でのことだ。彼は、釣り上げるのに25分かかったと語る。重さは正確には67パウンド4オンスである(30,5040868825..キログラム)。

英『メール・オンライン』によると「キャロットがいるのはずっと知っていたけど、まさか釣れるとは思わなかった」「私の餌に食いついて、餌と一緒に左右上下に移動したときに、大きな魚だとわかった。それから30~40ヤード先(30メートル前後先)の水面に出てきて、オレンジ色をしているのが見えたんだ」

ゴールドフィッシュのことは、その色から「キャロット(人参)」という愛称で呼ばれている。今回釣られた金魚は、なんでも世界で二番目に大きいらしい(一番目という報道もある)。

この釣り場のマネージャーであるジェイソン・カウラー氏は、「私たちは20年ほど前、お客さまに何か変わったものを釣ってもらおうと、キャロットを投入しました。それ以来、どんどん成長していますが、なかなか出てきてくれません。彼女はとても、つかみどころがないのです」ちなみに、このカウラー氏もイギリス人である。全然知らなかったが、イギリス人には有名な釣り場(湖)らしい。

金魚は、鑑賞用に人為的に交配してつくられた魚である。元はフナともコイとも言われるが(どちらもコイ科)、どうやらフナらしい。
金魚鉢の中で巨大になることはないが、自然の中に戻すと、元の姿に戻ってしまうことがあるようだ。

今回釣り上げられた魚は、錦鯉とコイの交配種と報じられている(ゴールドフィッシュは、訳すと一般的には「金魚」なのです・・・コイにしても巨大ですね)。釣ったハケットさんは、この巨大金魚を湖に戻した。そしてお茶を飲みながら、この成果を祝ったそうである(お茶というところがイギリス人っぽい)。

全文はこちら
https://news.yahoo.co.jp/byline/saorii/20221122-00325099

動画

 

続きを読む

64件のコメント

Twitterからの移住者で負担が激増したマストドン、運営がTwitter文化を持ち込むなと悲鳴を上げている模様

140:名無しさん


すでに運営が迷惑被ってるんだが

 

続きを読む

7件のコメント

ポーランド大統領がマクロン大統領と思い込んでロシア人と電話会談、セキュリティはどうなっているんだ?

1:名無しさん


偽者の仏大統領と「電話会談」 着弾の日、実はロシア人―ポーランド大統領

 【ワルシャワAFP時事】ポーランドのドゥダ大統領がフランスのマクロン大統領と思い込んで意見を交わした相手は、ロシア人だった―。ポーランド大統領府は22日、いたずらを働いた2人のロシア人が流出させた会話の音声について、実際にあったやりとりだと認めた。

 大統領府はツイッターに、ウクライナ国境に近いポーランド東部プシェボドフでミサイルによる爆発が起きた15日、マクロン氏を名乗る電話があったと投稿。「ドゥダ氏は話しぶりからペテンかもしれないと気付き、電話を切った」と釈明した。

全文はこちら
https://www.jiji.com/jc/article?k=2022112300266&g=int

 

続きを読む

31件のコメント

アメリカの風習であるチップ制度、アメリカ人自身も本音ではもう止めたいと思っていると判明

1:名無しさん


記録的なインフレが続くなかで行われた今年の調査では、4割程度まで減少しました。

 別の会社で行ったチップに関する調査でも、インフレの影響で「減らしている」と答えた人がおよそ2割、「一切払うのをやめたい」とする人が6割に上るということです。

 アメリカの10月の消費者物価指数は前の年の同じ月と比べて7.7%の上昇となりました。

 物価の伸び率は4カ月連続で縮小し、市場ではインフレが和らぐのではないかと期待感が高まっていますが、依然として高い水準が続いています。

https://news.yahoo.co.jp/articles/240581deaa7a5890df246dc4e462ede34ea877ad

 

続きを読む

27件のコメント

ベルギー代表が採用した新ユニホームがFIFAに使用禁止を言い渡された模様、やむをえず別のユニホームを使用する

1:名無しさん


サッカーのワールドカップ(W杯)カタール大会に出場するベルギー代表の広報担当者は21日、「ラブ」の文字と虹色のデザインが入ったアウェー用ユニホームの着用を国際連盟(FIFA)が認めなかったと明らかにした。同性愛者などへの差別反対を表現した「ワンラブ」と書かれた腕章の使用も断念することを決めていた。

このユニホームは今年9月に導入された。1次リーグの3試合は全てホーム用ユニホームで臨む。

https://www.tokyo-np.co.jp/article/215414

 

続きを読む

49件のコメント

ロシア軍が投降を装ってウクライナ軍指揮官に発砲、すぐさまウクライナ軍の反撃を受けてロシア軍壊滅

1:名無しさん


ウクライナ当局「応戦は戦争犯罪ではない」、ロシアは投降兵殺害と主張

ウクライナ議会人権委員会のドミトロ・ルビネツ氏は20日、東部ルハンスク州で起きた事案について、戦闘中のロシア兵が投降するふりをしてウクライナ軍に発砲したとの見解を示し、「応戦することは戦争犯罪ではない」と述べた。<中略>

編集された動画には、両手を頭上に挙げた複数の兵士が地面にうつぶせになっている様子が映っており、拘束されたロシア兵の投降行動を捉えたものとされる。他の兵士が建物の中から一人一人出てきて、これらの兵士の隣に横たわる様子も見える。

投降を命じているとみられる声の主が「一人一人出てこい。将校は誰だ。これで全員か。出てこい」と叫ぶ声も聞こえる。

約10人が地面に横たわった後、同じ建物から別の兵士が現れ、投降を指揮するウクライナ兵の方向に発砲しているとみられる。

短い銃声が聞こえた後、動画は突然終了する。

全文はこちら
https://www.cnn.co.jp/world/35196427.html

 

続きを読む

最近の投稿

スポンサードリンク