1:LingLing ★:2021/05/17(月) 21:09:25.96 ID:CAP_USER


[イム・ソンヨンの補薬食膳] 「毒薬」となる唐辛子、中毒の可能性ある

私たちの食べ物でコチュ(唐辛子)、コチュカル(唐辛子の粉)、コチュジャン(唐辛子の醤)が入ったものを除けば、韓国だけの食べ物「ソール(soul)フード」と言えるものの中の半分以上がなくなるほどで、コチュ(唐辛子)は私たちの食文化に大きな特徴を作り出した主役だ。(※以下、コチュは「唐辛子」)

唐辛子は壬辰倭乱の時に日本人によって伝来したと言われているが、これは一学者の主張に過ぎず、根拠に乏しい。最近、韓国食品研究院は壬辰倭乱より数百年前から唐辛子が存在したという文献を発見した。 韓医学では唐辛子をチョ(椒)というが、壬辰倭乱勃発の100年以上前の文献である「救急簡易方」(成宗18年、1487年)には、漢字の椒にハングルで「コチョ」と記しているものがある。壬辰倭乱の勃発750年前に発刊された「食医心鑑」(唐宣宗4年、850年)と世宗15年(1433年)に発刊された「郷薬集成方」、世祖6年(1460年)に発刊された「食料纂要」にもコチュジャン(椒醤)と表現した記録がある。

いずれにせよ、唐辛子の主要な効能はカプサイシンからきているが、もともと植物にとっては自己防衛のための毒性物質に近いものであるが、人にとってはその部分を生かして大きな利益を得ることができる物質でもある。つまり、毒が薬になる部分だと言える。まず抗菌・殺菌作用によって食べ物の腐敗も遅延させるが、人の体では抗がん作用をすることがある。特に、肺がんではがんの転移を遮断する効果もあることが確認された。

また、血液循環とダイエットにも効果があることが明らかになっている。作用機転はカプサイシンが体に入ると、その辛味に対応するため血流の動きが速くなって、新陳代謝を円滑にするアドレナリンホルモンがより多く分泌され、全体的に老廃物の排出も早くなり、熱量消耗が大きくなるわけだ。また、カプサイシン自体は分解がよくないため、満腹感を与える効果もある。

コチュジャンは唐辛子の効能をそのまま生かしていながらも、発酵食品であるために各種酵素が豊富に含まれている。これらの酵素が消化作用を助けるため、カプサイシンを分解して満腹感を減らす。またデンプン・タンパク質などの分解も促進するため、肉類や炭水化物食品と相性が抜群になる。

TIP1.カプサイシンは基本的に毒である=カプサイシンは基本的に非常良い物質というよりも、私たちの体を刺激して防御機能をより上手く遂行するようにさせる物質だ。したがって、一定以上摂取すれば、私たちの体に毒として作用することもある。胃炎や胃潰瘍などの消化器疾患はもちろん、特定の人にはアレルギー誘発物質になることもあるために、ストレスを解消するからといって、摂りすぎない方が良い。

TIP2.中毒の可能性がある=「何でも食べ過ぎるのは危険」ということと一脈相通ずる部分であるが、私たちの体の防御機能は一定水準以上になると、これ以上働くのではなく、エンドルフィンのような気分を良くする物質(脳内麻薬)を分泌して痛みを忘れさせる。 このため、辛い食べ物を食べるとストレスが減少するが、他の面でエンドルフィン分泌中毒になり、もっと頻繁にたくさん辛い食べ物を求める辛味中毒になる恐れがある。

<韓医師、イム・ソンヨン韓医院代表院長>

レディー京郷(韓国語)
https://news.naver.com/main/read.nhn?mode=LSD&mid=sec&sid1=103&oid=145&aid=0000015408

https://imgnews.pstatic.net/image/145/2021/05/16/0000015408_001_20210516112403548.jpg

 

3:(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2021/05/17(月) 21:12:12.81 ID:h4YrI2Ft


胡椒は日本でも奈良時代からあったらしいしな
胡椒だろ

 

30:(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2021/05/17(月) 21:26:04.41 ID:yl8HvJ1S

>>3
胡椒ならインドから西周りで中国に入り8世紀には日本に入ってきてるからなあ
唐辛子はコロンブス以前にあるわけねえし

4:(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2021/05/17(月) 21:12:23.49 ID:YH7S+mjS


>最近、韓国食品研究院は壬辰倭乱より数百年前から唐辛子が存在したという文献を発見した。

文化としてはまったく普及していないことがわかるな
もっともその文献自体どんなもんなんだかw

 

5:(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2021/05/17(月) 21:12:39.74 ID:ry2NqWQo


まぁ、そのころの コチュ は唐辛子じゃないぞっと。
時代と空間が歪んでいる

 

6:(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2021/05/17(月) 21:13:01.25 ID:YH7S+mjS


>唐辛子は壬辰倭乱の時に日本人によって伝来したと言われているが、これは一学者の主張に過ぎず、根拠に乏しい。

赤いキムチは戦後以降だしな

 

9:(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2021/05/17(月) 21:14:01.15 ID:0EClvPow


伝来その他についてはいつものコリアだけど、効能に関しての記述は朝鮮人が悪いものでも食べたような正しい記述

 

10:(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2021/05/17(月) 21:15:08.83 ID:Sne73lfD


秀吉が朝鮮を攻める前は、朝鮮の料理は辛くなかったのはどう説明するんだ。

 

13:春うらら ◆G8Kknv1Es6 :2021/05/17(月) 21:16:14.35 ID:MpAWgljf

>>10
塩もまともに無かった朝鮮にどうしろとw

14:(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2021/05/17(月) 21:16:27.93 ID:Jh18os2c


>壬辰倭乱より数百年前から唐辛子が存在した

文禄・慶長の役1593年、1597年

マゼランやコロンブスより前に韓国人は南米に行ってた可能性がある?

 

16:(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2021/05/17(月) 21:17:44.10 ID:XN7kOepg


韓国人の年寄に聞くと、昔の韓国料理は辛くなかった。って話だよね。
辛くなったのは朝鮮戦争くらいからだと。

本場の辛くないキムチは北朝鮮にあるとか。キムチの宗主国は北朝鮮。

 

18:(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2021/05/17(月) 21:19:00.53 ID:yl8HvJ1S


>>1
>チョ(椒)
>漢字の椒にハングルで「コチョ」と記しているものがある

胡椒やんw

 

57:(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2021/05/17(月) 21:39:00.53 ID:71L5VWCN

>>18
半島人は漢字も読めんくせに
妄想だけはイッチョマエなんでね

21:(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2021/05/17(月) 21:20:15.13 ID:nbh5BIsI


あったのって山椒だけだろ
唐辛子あったら、朝鮮辛子の起源主張してるはずだろ

 

20:(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2021/05/17(月) 21:19:46.66 ID:eqXGUSZM


最初に文献を発見したって言っときながら根拠が弱いのがわかっているから、後半は関係のないカプサイシンの効能ばかり書いて誤魔化してる(笑)

筆者は日本から伝来したのわかってて書いてるやろ(笑)
染井吉野の時と同じパターン

 

28:(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2021/05/17(月) 21:25:08.30 ID:PhvUUWUy

>>20
始めは分かっていなかったけど
年代書いていたら欧州勢による新大陸発見がボトルネックなのに気が付いて
普通は全ボツだけど反日で脳にブースト掛かっているから突っ走った形じゃ無いかな

22:(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2021/05/17(月) 21:20:26.99 ID:2yWp7XeT


> 最近、韓国食品研究院は壬辰倭乱より数百年前から唐辛子が存在したという文献を発見した

また歴史を書き換えるのか

 

26:(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2021/05/17(月) 21:24:13.82 ID:uTP0jHju


旨味という味覚を感じる味蕾は壊滅するだろ
もともと出汁の観念が存在しない上に味覚崩壊で濃い味付けが常態化したら健康じゃなかろ

 

31:(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2021/05/17(月) 21:27:47.46 ID:Popj/uCf


> 「食医心鑑」(唐宣宗4年、850年)

南米原産だろうに
コロンブスのアメリカ大陸到着以前に朝鮮にはあったのか
どういう理屈だ?ワープしたのか?w

基本的な世界史の知識がないからこんなアホな妄想をするんだろうな

 

37:(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2021/05/17(月) 21:29:58.63 ID:RygAW+jd


植物学上の大発見か?歴史学上の大発見か?
ぜひとも学会で発表していただきたいwww

 

51:(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2021/05/17(月) 21:36:20.16 ID:0t1ga9r7


Red pepper を広めたのは朝鮮戦争時の米兵だろ。
まぁ、日帝期の朝鮮人兵は唐辛子粉を切らせると反抗的だったというがな。

 

59:(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2021/05/17(月) 21:39:48.85 ID:D7DdEGMX


確か山椒のことだったろ文献にあるとかいうのw

 

74:(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2021/05/17(月) 21:46:08.67 ID:l7z5DrVk


>>1
唐辛子ばっかり食べてたらそれはそれでダメだろ

 

81:(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2021/05/17(月) 21:49:00.42 ID:aJkZj1Qn


日本から何かが伝来されて広まる事を過剰に嫌うアホ。
それがどこから来ようが、受け入れられて根付いたのなら別にいいじゃないか。
救いようがないな。

 

85:(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2021/05/17(月) 21:49:44.45 ID:lxs7ktGx


トウモロコシというのがあってだなあ
唐にも唐土にも関係ないんだが
当時は地理的にボキャ貧でなあ

 

89:(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2021/05/17(月) 21:52:01.78 ID:Gdy2pGlc


ウリナラが清国を属国にしていたときに中国皇帝に献上させたニダ!
当時の国旗の漢字にも大清属国と残ってるニダ!
大韓に属する清国という意味ニダ!

 

92:(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2021/05/17(月) 21:55:29.64 ID:gaMH+/st


ブータン料理は世界一辛いと言われていて青唐辛子を子供がふつうに食べるんだけどブータンでは唐辛子は香辛料ではなく野菜として食べている
韓国人はどうなんだ?

 

107:(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2021/05/17(月) 22:05:57.48 ID:EB7I5pMB


>韓医学では唐辛子をチョ(椒)というが、

漢字捨てちゃったから山椒か胡椒って考えに至らないw
時期的には山椒だろうね

 

109:(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2021/05/17(月) 22:06:32.59 ID:FaHEeJJ7


>>1
東南アジアやら四川料理やらメキシコ、どんどんエスカレートして現在にいたる
中毒性があるのは間違いないと思うぞw

 

113:(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2021/05/17(月) 22:08:04.45 ID:xRuzn0xp


> 韓医学では唐辛子をチョ(椒)というが、壬辰倭乱勃発の100年以上前の文献である「救急簡易方」(成宗18年、1487年)には、漢字の椒にハングルで「コチョ」と記しているものがある。

高校世界史レベルの一般常識があれば
それは現在で言うところの南米原産の唐辛子ではないと気付くはずでは…?

 

124:(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2021/05/17(月) 22:17:18.76 ID:jMmX3jHO


>韓医学では
>100年以上前の文献である「救急簡易方」(成宗18年、1487年)
>750年前に発刊された「食医心鑑」(唐宣宗4年、850年)
>世宗15年(1433年)に発刊された「郷薬集成方」
>世祖6年(1460年)に発刊された「食料纂要」

韓医学というわりには
この中にこそっと中国の医学書が紛れ込んでいます
さあどれでしょう
ヒント:一つだけ群を抜いて古い

 

137:(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2021/05/17(月) 22:21:35.26 ID:rLUdW1of


唐辛子は朝鮮原産、朝鮮から南米に、そして世界に広まったのだ

 

169:(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2021/05/17(月) 22:46:51.12 ID:FboVViLE


南米も古朝鮮の植民地だったてことか
ほえ~