1:ハニィみるく(17歳) ★:2020/07/09(木) 11:16:08.19 ID:CAP_USER


(写真)
https://newsimg.hankookilbo.com/cms/articlerelease/2020/07/08/5c825df7-46ce-4dcb-a665-9ac0d64eb96e.jpg
▲ 東京・新大久保。
_______________________________________________________

別名コリアタウンと呼ばれる東京 新宿の新大久保通りが、再び人で溢れかえっている。これについて一部のメディアでは、『韓流(ハンリュ)』が蘇ったと評価している。

実際に最近の新大久保韓人(コリアン)タウンは韓国飲食(食べ物)や化粧品、韓国ドラマのキャラクター商品を買うための人々が押し寄せている。先週は最近起きた新宿ホストクラブの集団コロナ感染発生の余波で人出が少し減少したが、人通りが全くなかった去る4~5月と比べると日進月歩である。

しかし安心するにはまだ早い。現在、悪化の一途を歩んでいる韓日関係が大きな変数となるからだ。 政府の政策に不満があったとしても、なかなか表には出さない日本国民の性格のため、仮に日本政府が韓日外交問題を口実に新宿の韓人タウンに行くなと要請する『自粛決定』を下した場合、それこそ韓国人タウンは一朝一夕で倒産を迎える可能性もある。

しかし大半の日本にいる韓国専門家は、そのような極限状況までは行かないだろうという意見を示している。韓流の根元が深いため、いくら安倍政権が歯止めをかけたとしても、すでに韓国文化が生活の一部分になった日本国民には、何の意味もないこだまに過ぎないという話だ。
_______________________________________________________

■ 韓流ブームの元祖は70年代の『黄色いシャツの男』と『別れ』

1970年代末から80年代中盤まで、アコースティックギター歌手のイ・ソンエ(李成愛)が日本語でリメークして歌った『黄色いシャツの男(ハン・ミョンスク)』と『離別(パティ・キム)』が日本で爆発的な人気を集めた。今でも日本のファンが彼女を記憶して探すほど、当時はトップスターの待遇を受けていた。いわば韓流の元祖である。

(写真)
https://newsimg.hankookilbo.com/cms/articlerelease/2020/07/08/4a95739b-c717-47e8-b87c-64ac95fa16c3.jpg
1970年代末、日本のトップスターに浮上した歌手のイ・ソンエが、現地のイベントで歌っている様子。

80年代の中盤以降、日本人が頻繁に歌ったチョ・ヨンピル(趙容弼)の『釜山港に帰れ(トラワヨ・プサンハンエ)』は、本格的な韓流の胎動を知らせる合図だった。日本の人気歌手が、先を争ってリメークして歌った。それだけではなく、日本の演歌トップ歌手がチョ・ヨンピルの『窓の外の女』を盗作して歌うほど、チョ・ヨンピルの地位と人気は天を貫いた。

続いて1985年に日本の歌謡界に彗星のように現れたケ・ウンスク(桂銀淑)は、特有のハスキーボイスで歌ったデビュー曲、『大阪暮色』が空前のヒットを記録、その勢いに乗って『トップ歌手ベスト5』に入るほどの人気スターとなった。イ・ソンエ → チョ・ヨンピル → ケ・ウンスクに繋がるこれらの大活躍は、のちの韓流ブームの礎となった。

だが、ここで絶対に見逃してはいけないことがある。日本の芸能界で活動している在日同胞の存在だ。これら中には、『清河への道~48番』で1995年にTBSの日本レコード大賞を受賞した新井英一(パク・ヨンイル)のように、デビュー当時から自身が在日韓国人であると明らかにした者もいるが、社会的な偏見や差別を恐れて日本人の名前で黙々と活躍した在日同胞の芸能人も少なくない。

『日本のイ・ミジャ』と呼ばれる人気歌手のミヤコ・ハルミ(都はるみ)は、父親のために人気絶頂期だった1985年に電撃引退の宣言をした。慶北(キョンブク)尚州(サンジュ)出身の父親が、自身の歌手活動のために多大な犠牲を負ったというのである。国籍も隠し、何より彼女の世話をするため東京にいた母親とも離れ、数十余年間京都で寂しく一人暮らしをしていたという。そんな父親と多くの時間を過ごすため、日本列島が仰天した引退宣言をしたのである。

(写真)
https://newsimg.hankookilbo.com/cms/articlerelease/2020/07/08/48dbe260-2743-4ff9-85f8-14d53d730f54.jpg
▲ 在日韓国人歌手、ミヤコ・ハルミのアルバム写真。

90年代中盤、日本のスポーツ界と芸能界で活動する在日同胞の有名人の実名をそのまま記載した、『在日韓国人の底力』を書いた作家のウエダ・タカヒコ(植田剛彦)は、「NHKの紅白歌合戦は、韓国系の日本人なしには今日を語れない」と著書で主張した。

ソース:韓国日報(韓国語)
https://www.hankookilbo.com/News/Read/A2020070812420000824?did=NA

>>2につづく

 

2:ハニィみるく(17歳) ★:2020/07/09(木) 11:16:44.68 ID:CAP_USER


>>1のつづき

■ もう一つの分岐点、『2002韓日ワールドカップ共同開催』

2002年は、これほどまでに韓日関係が良かった時期があるかと思うくらい、韓日文化史において歴史的な一線を画す年だった。ワールドカップ共同開催という共通点のためか、赤いTシャツを着た韓国人、青いTシャツの日本人は、お互いを応援するために何も躊躇わなかった。ケングァリ(鉦)とチン(銅鑼)を叩いて新宿駅を歩きながら応援していると、日本人も喜んで手を叩きながら「テハンミングク・マンセ(大韓民国万歳)チャクチャクチャク(パチパチパチ)」と叫んだ。 昨今の雰囲気からは想像すらできないが、こういうこともあった。

この勢いに乗り、いわゆる『第1次韓流ブーム(ハンリュ・プム)』のくさびを打ち込んだのが日本の社会現象となった『冬のソナタ』だ。2003年に公営放送であるNHKで放送されて日本列島を冬のソナタシンドロームに導き、100億円以上の利益も新たに生み出した。2009年には26話のアニメーションとして製作され、さらにはパチンコ賭博機械の背景画面にまで設定された。

(写真)
https://newsimg.hankookilbo.com/cms/articlerelease/2020/07/08/f4003d8d-815b-4e62-8084-37db7838a8e5.jpg
▲ 元祖韓流ドラマ、『冬のソナタ』ポスター。

冬のソナタは、これまで静かに暮らしていた日本の主婦に、画期的な変化をもたらした。個人的な自我意識はもちろん女性の性のノスタルジアを感じさせ、それまで忘れかけていた10代の初恋を改めて思い出させた。

数年間連絡を一度も取っていなかった嫁と姑が、冬のソナタをきっかけに頻繁に電話をするようになり、さらには嫁と姑が一緒に手を取り合って韓国旅行に向かった。疎遠になっていた同窓生たちがヨン様、ペ・ヨンジュンファンという共通点で再び親しくなり、一緒にファンクラブに加入して冬のソナタ巡礼に乗り出したりもした。

(写真)
https://newsimg.hankookilbo.com/cms/articlerelease/2020/07/08/f82d62a8-9de8-4de9-8249-dced189772d0.jpg
▲ 韓流愛好家として知られる安倍晋三首相の夫人、アキエ女史が、2006年にミュージカル『冬のソナタ』を観覧するため、東京の某劇場に入っている。

日本のメディアは、なぜ日本の女性が冬のソナタを好んでヨン様シンドロームになるのか、一つの社会現象として定義付けて分析を重ねた。 民放各社は第2の冬のソナタを探すため、韓国のドラマ市場を叩いた。 その後、イ・ヨンエが主役として出演したドラマ『テジャングン(宮廷女官チャングムの誓い)』は、韓流ファンの領域を中年男性ファンにまで拡大する起爆剤となった。この時期が韓国でいう韓流第1次ブームである。
_______________________________________________________

■ 第2次韓流ブームはK-POP

(略)

>>3ぐらいに

 

4:ハニィみるく(17歳) ★:2020/07/09(木) 11:17:02.07 ID:CAP_USER

>>2のつづき

(写真)
https://newsimg.hankookilbo.com/cms/articlerelease/2020/07/08/0a430653-e6ae-4732-8f0c-3b0712acc8c2.jpg
▲ 歌手のポア(BoA)。

(略)
_______________________________________________________

■ BTS、『愛の不時着』が第3次韓流ブーム?

最近、韓国メディアでいう『第3次韓流ブーム』とか、『第4次ブーム』などはあまり意味がないと思う。なぜなら日本社会で韓国文化はすでに、一つのジャンルとして定着したからである。

最近、昼間に放送する日本のワイドショーを見れば、韓国に関する内容が頻繁に出てくる。もちろん大半は韓国を非難する内容が主流だが、たまに韓国ドラマや料理が出たりする。その度に番組に出演するゲストが欠かさず尋ねる質問がある。「愛の不時着は見ましたか?」、「梨泰院クラスも面白い」。


(写真)
https://newsimg.hankookilbo.com/cms/articlerelease/2020/07/08/c23f1454-a0d5-43fb-b002-004e135bfa61.jpg
▲ 日本で爆発的な人気を集めているドラマ『愛の不時着』

https://newsimg.hankookilbo.com/cms/articlerelease/2020/07/08/c7112764-3376-45a4-b38d-7aa8150743e3.jpg
▲ 10日に発売された『週間朝日』に掲載された俳優ヒョンビンに関する記事。

ベストセラー『窓際のトトチャン(トットちゃん)』で有名なクロヤナギ・テスコ(黒柳徹子)が番組に出演して、『愛の不時着』を何度も見たと話して話題になった。するとまた別の有名芸能人やスポーツスターが先を争い、そのドラマが面白かったと口添えした。

これはコロナ19と密接な関係がある。去る4月16日、日本政府はコロナ19の拡散を防ぐため、日本全国に緊急事態の措置を下した。一般食堂はもちろん、大半の商店街が一斉に店を閉めたり営業を短縮した。余ったのは時間だけだった。

まさに、この時に救世主として登場したのが韓国ドラマだ。日本人気芸能人やスポーツスターが公然と、「コロナ地獄を韓国ドラマを見る面白さで克服した」とい話した。ある芸能人は緊急事態措置の期間中、愛の不時着や梨泰院クラスを見て、人気あると噂の韓国ドラマ30数本を一気に見たと明らかにして話題になり、また別の有名スターはヒョンビンとソン・イェジン、パク・ソジュンの作品を全部探し出して見たと打ち明けた。BGMとして流れる曲も同時に歌うのは基本だ。

このような現象は一般人も同じだ。

(略)

(写真)
https://newsimg.hankookilbo.com/cms/articlerelease/2020/07/08/f77082c7-6e20-4638-a347-9091f94ab515.jpg
▲ 今年の5月、日本のネップリクス(Netflix)で視聴率1位と3位を記録した愛の不時着と梨泰院クラス。

5:ハニィみるく(17歳) ★:2020/07/09(木) 11:17:10.67 ID:CAP_USER

邪魔が入らなければ>>4につづく

■ なぜ日本人は韓国ドラマに沸き返るのか?

韓国ドラマが好きな日本人は共通して、韓国ドラマには日本ドラマにない人間の喜怒哀楽が盛り込まれた『人が中心’』のストーリーがあると指摘する。しっかりした構成力と俳優の名演技、製作費を惜しまない果敢な現地撮影、人の心に響くBGMなどが交わり、完成度を高めているのである。『太陽の末梢』、『トッケビ(オバケ)』、『椿の花咲く頃』のようなドラマも人気を集める理由だ。

それだけでなく、ドラマに登場するファッションやヘアスタイル、料理までともに大人気だ。映画『寄生虫(パラサイト 半地下の家族)』でステーキを乗せたチャパゲティが日本で飛ぶように売れたように、ドラマに登場する韓国飲食(食べ物)も日本人に大きな関心を受けている。チメク(チキンとビール)がコリアタウン新大久保で人気を集めているようニダ。

一方、日本ドラマはマンガを実写化したものが多く、ファンタジー的な雰囲気が満載なため、韓国ドラマのようにストーリーによって主人公と一緒に笑い、泣き、怒るような感情の動きがほとんどない。「ア、ソウ(ああ、そう)?、ア、ソウダッタノカ!(そうだったのか!)」という表現が全てということだ。さらに緊急事態措置の期間中、日本のテレビで連日放送したのは、大半が過去に人気のあったサスペンスドラマの再放送だった。殺人事件が中心のため、あらゆる残忍な場面が全て出ている。

1980~90年代に国民的人気を集めた『北から(たぶん、北の国から)』や、今月16日から始まる金曜ドラマ『ハンジャワ・ナオキ(半沢直樹)』のような完成度の高い大型ドラマがないわけではないが、大半の日本ドラマは相変わらず80~90年代に閉じ込められていて、視聴者からそっぽを向けられている。

このように日本ドラマは一言で言えば淡白だったり残忍である。そのためか最近の数年間は日本の男性はもちろん、10代まで韓国ドラマに夢中になっている様子をよく見かける。メロドラマは母親と娘が、時代劇は夫が好んでいるとか、家族全員韓国ドラママニアが急増したのである。これにはコロナによる緊急事態措置も一役買っている。しかし一つ変わらない事実は、韓国ドラマが日本人の心を動かす人中心のドラマという点である。そのため、日本ドラマが既存の枠から脱しない限り、日本人の韓国ドラマ偏り現象は今後も続くだろう。

【ユ・ジェスンJPニュース代表』
1999年に日本に留学してから現在まで居住しており、法政大学客員研究員を歴任した。数多くのメディアに日本現地の状況を伝えるルポライターとして活動していて、現在は日本専門のニュースサイト、JPニュースの代表である。著書に『日本は今何時か’』、『日本女を語る』などがある。

(おわり)

95:(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2020/07/09(木) 11:55:16.45 ID:uQsfaE66

>>5
って言う夢を見たニダ

7:(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2020/07/09(木) 11:18:10.16 ID:WO8JgNqa


はいいい???

 

9:(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2020/07/09(木) 11:19:15.86 ID:zbZCnX4G


そも、ドラマなんぞ見てないぞ

それならつべで動画か、ラノベ読んでるわ

 

17:(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2020/07/09(木) 11:22:46.51 ID:MoAeSxNO


また訳の分からんことを言い出した

 

19:(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2020/07/09(木) 11:24:39.19 ID:Ts9dCiHK


読む必要が無いのはわかる

 

21:(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2020/07/09(木) 11:25:43.41 ID:CTCtKtMc


また適当な嘘をダラダラと書く
妄想を押し付ける事しか出来ないのか

 

22:(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2020/07/09(木) 11:25:56.37 ID:XC7nLKJb


韓国人をコロナ地獄から救ったのは、明確に販売数字が出てるSwitchとあつ森なのはわかる。

 

25:(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2020/07/09(木) 11:26:16.98 ID:hwicLUe8


SNSなんかでも承認欲求の強い連中て嘘しか言わんけど、
やっぱ同じメンタルなんだなあ

 

26:(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2020/07/09(木) 11:26:22.49 ID:U93GS/id


>>1
屁理屈を無理矢理正当化させようとするからこいつらの記事はいつも無駄に長い

 

30:(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2020/07/09(木) 11:27:50.01 ID:78Ub6wf9


今がいったい何回目の日本の第3次韓流ブームなのかそろそろ韓国人のカウント正確になった?

 

31:(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2020/07/09(木) 11:27:50.42 ID:gZ0usO9h


あつ森と鬼滅の刃は結構ガチだからねえ

 

34:(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2020/07/09(木) 11:28:54.17 ID:YCeRwX01


よくこんな気持ち悪い記事を書けるもんだな

 

38:(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2020/07/09(木) 11:31:51.75 ID:yOdMMD6y


>>1
なんか最近、韓国の断末魔って感じのホルホルが多いな。

 

40:(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2020/07/09(木) 11:32:56.78 ID:23sZNBq0


>ドラマに登場する韓国飲食(食べ物)も日本人に大きな関心を受けている。
>チメク(チキンとビール)がコリアタウン新大久保で人気を集めているようニダ。
「ニダ」って元にも書いてあるの?
コリアンタウンで人気だからと日本人が関心を受けている事にはならない。

 

46:(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2020/07/09(木) 11:35:56.09 ID:AEeg7efF


新大久保なんか韓国系の店潰れて中華系やインド系増えてるのによく言うわ

 

47:(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2020/07/09(木) 11:36:11.24 ID:23sZNBq0


>映画『寄生虫(パラサイト 半地下の家族)』で
>ステーキを乗せたチャパゲティが日本で飛ぶように売れたように
チャパゲティって何だよ?
韓国人はこんなものが日本で売れたとの共通認識があるんか?

 

50:(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2020/07/09(木) 11:37:09.97 ID:2W7GWmh7


未だに韓国人の奇行には驚かされるからね
はじめて韓国ドラマを見た連中には彼らの奇行が新鮮で刺激物なんでしょ
なじみのない国の文化や習慣はいい暇つぶしの娯楽になるよね

 

60:(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2020/07/09(木) 11:43:05.79 ID:LyZX0UXy

>>50
以前、家にまだTVがあったころにザッピングしてたら
たまたま「ホテリアー(だっけ?)」をやっていたのでちょっと見たのだが、
ホテル従業員が金持ちっぽい生意気な客をひっぱたくは画面上部にマイクが映りこんでるは
しまいにはハエが舞ってるカットがそのまま使われてたりで
ある意味斬新過ぎてぶったまげた記憶があるw

70:(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2020/07/09(木) 11:47:19.14 ID:NWWofTF2


韓流ドラマ借りてるのなんか、いつぞやのブームで元からそれ系しか観てない高齢の人ばっかで2、30代は普通に邦画が多いよ
パラサイトは借りられてるけど、洋画の所にあるのがちょっと嫌だ
邦画に置かれるよりかはマシだけど

 

79:(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2020/07/09(木) 11:50:42.32 ID:EeOr+/Mz


日本人気芸能人やスポーツスターが公然と、
「コロナ地獄を韓国ドラマを見る面白さで克服した」と話した。

この辺にはエヴィデンスが必要な感じね。
少なくとも個人的な実感とはまったく合致しない。
それ言うたらコロナ地獄でもなかったし、救われてもいないんだが。

 

88:(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2020/07/09(木) 11:53:27.05 ID:ZE39wW81


けっこう真剣に何言ってるか判らん

 

105:(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2020/07/09(木) 11:57:40.64 ID:LyZX0UXy

>>88
理解できない⇒正常です
理解出来てしまったら病院に行くことをお勧めします

89:大有絶 ◆moSD0iQ3To :2020/07/09(木) 11:53:51.33 ID:grh/Gzvz


何度目の国産ロケット打ち上げ成功になるのかとか
何度目の世界に先進国と認められたになるのかとか
何度目の経済破綻目前になるのかとか
その辺の面白コンテンツは注目してるけど
韓流ドラマとやらは無いなあ。

 

120:(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2020/07/09(木) 12:01:25.52 ID:zDQuqzPt


どこの並行世界の日本の話だ?

 

141:(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2020/07/09(木) 12:05:21.99 ID:Gpoxvs89


韓国人の記者ってまじで思い込みやばすぎない
全部自分の都合の良い解釈しかないし

 

154:(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2020/07/09(木) 12:08:45.70 ID:6uUNbY+l


BSとか地方の空いた枠で垂れ流してるイメージしかない