1:蚯蚓φ ★:2021/03/13(土) 23:21:32.87 ID:CAP_USER


http://www.stardailynews.co.kr/news/photo/202103/294573_337320_2950.jpg
▲「スパイの妻」メインポスター(M&Mインターナショナル提供)

日本で戦犯と反省を扱った映画は何編あるだろうか。振り返ってみれば、無い。ドキュメンタリー映画で従軍慰安婦と日本政府の百態を扱った「主戦場」(2019)があるが、演出と脚本を担当したミキ・デザキ監督は日系米国人だ。

日本人が脚本と演出を担当して日本の戦争犯罪を告発したフィクション映画は無い。まして今まで日本映画界での第2次世界大戦はくやしさと被害意識ばかりだ。役所広司が主役を演じた「連合艦隊司令官山本五十六」(2013)、「日本崩壊一日前」(2016、監督・原田眞人)のたった二編だけが最近、変化した日本の過去の歴史再現だった。

ショウヘイ・イマムラ監督の「黒い雨」(1989)、「カンゾー先生」(1998)もそれなりに目につく反戦映画だったが、これもまた反省より戦後日本国民の被害ばかり強調した。もちろん、過去の全共闘、68運動の影響で、一部の作品の中には日本人の内心を表わした映画はあった。1970年に封切られた寺山修司監督の実験映画「トマトケチャップ皇帝」がそれだ。しかし、日本映画全体を見れば戦争犯罪への反省は目を洗って探しも見つからない。

そのためだろうか。外信をはじめとする多様なメディアを通じてニュースを知った「スパイの妻」が先に羅列した作品群と比較して日本最初の良心宣言になるようだ。

反戦であっても反省はしない日本初の戦犯映画「スパイの妻」

日本は戦後75年間、反戦平和は間けつ的に叫んでも戦争犯罪に対する反省はただ一度もしたことがない。たとえば、1938年に基礎を固めて1941年第2次世界大戦を起こした名分が日本の大東亜共栄圏だ。「西側世界の侵略に対する抵抗」という言い訳がドグマのように日本社会で席を占めていた。また、80年以上にわたり韓国と日本、さらに中国の学者の間でさえ大東亜共栄圏という言い訳が定説のように描写された。

だからだろうか。日本では依然として靖国神社参拝が神聖であり、広島原爆を被害者包装して反戦は叫んでも、反省は全くしなかった。これが私たちが知っている日本だ。

ところで21世紀、それも2020年6月になって日本公営放送NHKで「スパイの妻」というタイトルで第2次世界大戦当時、大規模生体実験などで悪名高かった731部隊の惨状と日本国内の知識人の反発を描いた作品が紹介された。

この作品が来る25日、韓国の国内劇場で封切られる。上映時間は116分、12才観覧可。演出と脚本を引き受けた黒沢清監督はTVスペシャル ドラマが出て、すぐに映画で製作し(2020年10月)昨年、ベニス映画祭監督賞(銀獅子賞)を受賞した。
(中略:監督と映画の紹介)

日本から出た初めての戦犯映画なので、あるいは過去の歴史を反省する初めての良心宣言が映画の主題だったので、監督賞を受賞したと見るには無理がある。

はっきり言えば「黒沢清監督は韓国で映画/ドラマ作ってはいけないか」という気がするほど欲しい演出力だ。映画の背景になる1940年代当時の小道具や服装、美術セットを緻密に準備しただけでなく、小道具だけでも恐怖や劇的な場面が演出された。まして劇中個性が強いキャラクターをまるで憑依されたかのように演じさせる監督、そんな演出に文句も言わず従った俳優の熱演がうらやましいことこの上ない。

低予算に近い製作費の大部分をNHK放送局で支援し、2020年6月、スペシャル ドラマとしてテレビ放映された。映画、ドラマでよく使われるCG(コンピュータ グラフィック)はそれほど多くない。M&Mインターナショナルが輸入・配給する「スパイの妻」はドラマから映画に再編集されて昨年10月、日本で封切られた。このバージョンが昨年、ベニス映画祭で監督賞を受けた。

一方「スパイの妻」は生体実験で悪名高かった満州731部隊を扱っている。少なくとも日本で主流だったら、このドラマを作れないように様々な所で妨害工作を受けただろう。極右指向の日本人なら認めたくない場面が一つや二つではないからだ。

ソース:スターデイリーニュース(韓国語)’スパイの妻’初めて見る日本の良心宣言
http://www.stardailynews.co.kr/news/articleView.html?idxno=294573

 

3:うつかりヒロポン ◆HIRO/gHrS6 :2021/03/13(土) 23:25:20.24 ID:VqZx/s7k


反省のしようがない。

 

5:鵜~~ ◆manbou/QqXqK :2021/03/13(土) 23:26:11.88 ID:PkO6a1DL


金大中の嫁がどうしました?
朝鮮労働党幹部の娘

 

6:(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2021/03/13(土) 23:27:06.44 ID:DdDrtKdc


こいつら毎回思うがリアルと映画の区別が付かないんちゃうか

 

21:(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2021/03/13(土) 23:46:52.21 ID:m9sk9TSP

>>6
むしろ映画がリアル
何故なら自分たちに都合がいいから

86:(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2021/03/14(日) 05:46:56.34 ID:cW0dRYoh

>>6
映画は文化的証拠らしい

9:(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2021/03/13(土) 23:29:18.41 ID:JMVIyDS9


韓国人は反省が足りない

 

10:(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2021/03/13(土) 23:30:13.56 ID:g2GGn4ii


世界のほとんどすべての国と地域を400年以上侵略、搾取、奴隷化していたヨーロッパ植民地主義に抵抗したわけで日本のとった手段に間違いはない

 

12:(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2021/03/13(土) 23:31:21.50 ID:al5eNTGN


朝鮮人の言う「反省」は倫理的負担のようなものでこれを個人に負わせる方がどうかしてる
反省なら客観的な事実を認識してまずかった点については再発防止のための制度なりを
憲法や条約を通じて示すべきであって映画でやるようなものではないだろう

 

16:(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2021/03/13(土) 23:39:03.58 ID:7SYgJyaa


>>1
勘違いしてるよなー、韓国人は
日本が反省するのは戦争に負けたことだけだ
次は負けない。それだけだ

 

25:(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2021/03/13(土) 23:49:56.27 ID:HRS2XamR


> 映画の背景になる1940年代当時の小道具や服装、美術セットを緻密に準備しただけでなく、小道具だけでも恐怖や劇的な場面が演出された。

大河ドラマ「いだてん」のセット使っただけだけどね

 

33:(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2021/03/14(日) 00:07:10.38 ID:CMJNEIGs


> 少なくとも日本で主流だったら、このドラマを作れないように様々な所で妨害工作を受けただろう。

NHKがテレビ放送したのに?妨害工作があったらテレビで流れなくない?

 

47:(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2021/03/14(日) 00:34:28.91 ID:8Z40umgt


韓国人戦犯も大勢いたのを韓国人は知らないのか?

相変わらずだめだめな韓国人w

 

62:(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2021/03/14(日) 01:12:54.48 ID:UMwpbOU6


こいつら映画こそ真実と思ってるからな

 

81:(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2021/03/14(日) 05:20:14.78 ID:QPBZY9zk


韓国が戦犯国扱いを免れ、日米の援助で発展出来たのもブルーチームを選んだから。

だが文在寅がレッドチーム入りした以上終わりだ。韓国は北朝鮮と同じだ笑笑

 

107:(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2021/03/14(日) 08:09:41.64 ID:wKBAUHLQ


> 日本は戦後75年間、反戦平和は間けつ的に叫んでも戦争犯罪に対する反省はただ一度もしたことがない。
また極端なことを書く
バカの証明にしかなりませんよ

 

108:(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2021/03/14(日) 08:13:31.48 ID:kUUgkdO/


反戦を反省と受け取れないのは何の病気なんだろう

 

119:(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2021/03/14(日) 13:39:09.96 ID:YABv1kiJ


韓国映画に、反省映画ってあるの(?_?)

 

96:(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2021/03/14(日) 06:28:00.78 ID:otOJJdge


韓国人の言う反省は「こっちの妄想に同意せよ」ってことだから。