1:ハニィみるく(17歳) ★:2021/02/15(月) 09:34:21.55 ID:CAP_USER


(動画=YouTube)



_______________________________________________________

<アンカー>
最近、米国ハーバード大学・ロースクールのラムザイヤー教授が論文で、日本軍慰安婦被害者を売春婦と規定し、数多くの人々のの怒りを買いました。

ところが今日(14日)、誠に信じがたいニュースを伝えることになりました。

韓国国内の極右の関係者が、ラムザイヤー教授を『支持』する書簡を、該当の論文を掲載した学術誌に送った事実がMBCの取材で確認されました。

さらに、ラムザイヤー教授を批判した米国の学者たちにもE-メールを送り、「部外者はこの問題を論じる権限がない」と圧力をかけたことが明らかになりました。

ワシントンから、パク・ソンホ特派員の単独報道です。
…………………………………………………………………

<レポート>
米国の現職の大学教授が、3日前に受信したE-メールです。

件名は、「ラムザイヤー教授の学問的良心は保護されるべき」、送信者は韓国の極右志向のメディアである『メディアウォッチ』の代表になっていて、数人の代表として書きました。

「部外者はこの問題を論じる権限がない」、「あなたの介入は理性的な討論を妨害するだけだ」とし、事実上黙っていろという圧力が込められました。

代わりに、極右の関係者が慰安婦の強制動員を否定する映像のリンクが添付されました。

このE-メールを受信した学者は、ラムザイヤー教授の主張を批判してきましたが、「複数の同僚も全く同じメールを受信し、ぞっとした」とMBCに伝えました。

これらの極右の関係者は、ラムザイヤー教授を支持する声明をハーバード大学と論文が掲載された学術誌に送りました。

これには慰安婦被害を否定してきたイ・ヨンフン元教授、リュ・ソクチュン元教授を始めとし、極右論客のチョン・ギュヂェ氏などの名前が連なりました。

学術的詐欺という、米国の歴史学者の批判とは、かけ離れた認識です。
<アレクシス・ダードン(米国コネチカット大学教授)>
「心配なことは、彼の主張が学問的詐欺という点です。証拠を出すべきなのに、証拠がありません。 これは学問ではない」

ラムザイヤー教授は性奴隷の証拠が存在しないと主張しますが、むしろ慰安婦が契約労働という証拠を提示することができません。

<アレクシス・ダードン(米国コネチカット大学教授)>
「(慰安婦)契約というものが存在しません。特に7,000件という数多くの契約があったのなら、是非ともその根拠を見せてほしい」

ラムザイヤー教授の日本偏向の歴史観は、今回突然出たわけではありません。

昨年3月に出した論文準備用の発表文には、「腐敗して無能な朝鮮王朝に、日本政府が安定的秩序を導入した」、「この新たな体制を数多くの韓国人が受け入れ、1938年以降の5年間に100万人が日本軍に志願入隊した」とし、殖民地支配を正当化する日本側の主張がそのまま記載されました。

慰安婦に対する日本右翼の論理を、ラムザイヤー教授がそのまま持ってきて書き、それをまた韓国国内の一部の右翼関係者が応援する形となりました。

バージニアからMBCニュース、パク・ソンホでした。

ソース:MBC文化放送(韓国語)
https://imnews.imbc.com/replay/2021/nwdesk/article/6088202_34936.html

 

11:(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2021/02/15(月) 09:37:17.25 ID:wAJhxf1n

>慰安婦が契約労働という証拠を提示することができません。

え?


18:(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2021/02/15(月) 09:38:48.97 ID:vMdnZotI

教授の論文がバイデン政権の正式回答だと言うことに
気づいていない愚かさw


28:(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2021/02/15(月) 09:42:25.80 ID:fI6fzknR

批判派とか援護派とかって問題ではなく、
韓国人に関わってしまった時点でどちらも負けなのがよく分かる事例


33:(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2021/02/15(月) 09:43:31.56 ID:LR93j14p

米韓同盟はいつまで維持できますか?


40:(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2021/02/15(月) 09:46:07.10 ID:6nLCTxZg

給与とか送金の記録は残ってたよね?
それは証拠にならんのか?


41:(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2021/02/15(月) 09:46:20.69 ID:uMU3fBw1

アメリカの公式の機関が数億かけて7~8年くらい従軍慰安婦の強制連行性奴隷の証拠資料探したけど結果は証拠無かったんだよ諦めろ
当の戦勝国アメリカとしては大日本帝国は悪の枢軸国家じゃないといけなかった国だ
反論できるなら物的証拠出せ


60:(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2021/02/15(月) 09:50:51.62 ID:uMU3fBw1

https://www.sankei.com/smp/world/news/141127/wor1411270003-s.html
サンケイのソースだがアメリカの調査の結果は出てる


113:(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2021/02/15(月) 10:01:33.68 ID:khHv8op8

給料が振り込まれてた郵便貯金の口座が残ってる事実は無視


114:(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2021/02/15(月) 10:01:45.40 ID:gWlsU31M

>>1
学問的詐欺!
はげしい批判だなぁ


117:(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2021/02/15(月) 10:01:59.08 ID:4uDLZhgt

>アレクシス・ダードン

韓国人向けのコメントにしても雑すぎるだろ



143:(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2021/02/15(月) 10:05:11.25 ID:1EWB/avS

>>117
Wikipedia より
>アレクシス・ブレイ・ダデン(Alexis Bray Dudden、1969年5月26日 – )は、
>アメリカ合衆国 コネチカット大学教授。専門は東アジア近現代史。
>親韓学者として知られ、尖閣諸島・竹島・北方領土領土を含めた日本政府の主張・
>韓国側に立たない際の米国政府も積極的に批判している。

昭和天皇を「有罪」にした裁判ごっこの
「女性国際戦犯法廷」にも参加してるんだよな、この人

124:(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2021/02/15(月) 10:03:06.69 ID:kZ3BUinD

ラムザイヤ教授を攻撃するメールだけでなく、
擁護するメールも発信されたということか。
それを韓国マスコミが『極右』といって報道しているんだな。


130:(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2021/02/15(月) 10:04:06.21 ID:vziv+arH

韓国の論文を支持する勢力がメール送ったって話か
信じがたいニュースとして伝えられるのね


148:(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2021/02/15(月) 10:05:53.68 ID:5+qP+K+A

極右だという印象づけのためのメール攻撃と記事発表だろ
日本の街宣右翼と一緒やん
そのうちハーバード大に旭日旗をもった韓国人がラムザイヤー応援しにくる


155:(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2021/02/15(月) 10:07:50.63 ID:Iae007Qe

>>1
証拠ありまくるだろw
契約書、日記、郵便局の口座、送金記録、いくらでもあるだろ
見せてやれよw


157:(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2021/02/15(月) 10:08:32.45 ID:51YClSV8

ラムザイヤーに圧力かけたことは無視か?
ダブスタ野郎


161:(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2021/02/15(月) 10:09:19.21 ID:RAwGruPS

ウリが有利になる分は介入してもいいニダ


167:(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2021/02/15(月) 10:09:51.23 ID:KH7VULiE

これはこれで論文にできそう
反日種族主義ラムザイヤー版


174:(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2021/02/15(月) 10:10:27.37 ID:lUe+MlVp

>>1
アホか。証拠があるから論文が書けたのに。
論文否定派こそウダウダ言ってないで黙って論文読めばいいんだよ。


196:(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2021/02/15(月) 10:13:40.15 ID:mE/0+iHE

手段が嫌がらせのみw


203:(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2021/02/15(月) 10:14:35.12 ID:GsMZUiDv

2007IWG最終報告書でも、日本は完全無罪なんだが


215:(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2021/02/15(月) 10:15:13.84 ID:4uDLZhgt

北朝鮮に逆らう連中に極右のレッテルを張ってるんだな


236:(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2021/02/15(月) 10:17:12.72 ID:5B84a+Yd

いやいや、性奴隷否定派が受けてきたゾッとする嫌がらせはこんなものではないだろう
学者なんだから否定派が受けた嫌がらせも含めて学問の自由を守れよ