1:蚯蚓φ ★:2021/02/06(土) 14:03:58.61 ID:CAP_USER


https://file.mk.co.kr/meet/yonhap/2021/02/06/image_readmed_2021_124671_1_070211.jpg
▲東京都庭園美術館敷地内庭園

https://file.mk.co.kr/meet/yonhap/2021/02/06/image_readbot_2021_124671_2_070211.jpg
▲中国江蘇省南京で南京大虐殺犠牲者を追悼する行事

東京都港区にある庭園美術館は日本の王族だったアサカノミヤヤスヒコ(朝香宮鳩彦)の邸宅だった。1933年に建てられたこの邸宅は太平洋戦争終戦後の1947年、日本政府が賃借りして外相公館、迎賓館などに使用し1983年東京都庭園美術館として一般公開された。アールデコ建築様式で建てられたこの邸宅はそれ自体が美術品と評価され、東京都指定有形文化財1号でもある。

筆者は最近、同美術館を訪問して日本現代美術家の作品を鑑賞し日本式庭園も散歩した。自然に華麗な美術館建物と美しい庭園の過去の主人に関心が行った。

日本語はもちろん韓国語、英国、中国語でも製作されて美術館に配置されたパンフレットには鳩彦がパリで生活した後、この邸宅を建設し、1947年、王族から外されて邸宅を離れた、と簡略に記述されていた。王族から外されて自身の邸宅を離れなければならなかった理由が気になったが、パンフレットには説明がなかった。

インターネットを検索したら彼が南京大虐殺を起こした日本軍部隊(上海派遣軍)の司令官であった事実を知った。太平洋戦争が終わって連合軍最高司令部の命令で鳩彦は王族から除外され公職も追放された。

南京大虐殺は1937年中日戦争当時、中国の首都であった南京を占領した日本軍が民間人を虐殺した事件をいう。中国政府は当時、70万人の南京市民のうち30万人程が亡くなったと推算している。強姦被害を受けた女性も2万~8万人に達するという。

第2次世界大戦終戦後、東京で開かれた極東国際軍事裁判で南京大虐殺事件で多数の日本軍将校が死刑判決を受けた。ウィキペディア日本語版によれば上海派遣軍司令官だった鳩彦も捕虜殺害命令に関与した容疑で戦犯に指名される可能性があったが、王族なので戦犯に指定されなかった。

王族には戦争犯罪の責任を問わないというのが当時の米国の方針だったという。

鳩彦は自身の邸宅を離れて静岡県熱海にある別荘に居を移してゴルフを楽しみ、多くのゴルフ クラブの会長および名誉会長を引き受け、天授を享受した。

東京都庭園美術館ホームページを詳しく調べても鳩彦の履歴に対する説明は発見できなかった。鳩彦に対する説明にケチな理由は南京大虐殺に言及したくないからではでないか?恥ずかしい歴史を忘れたがる日本の断面を見たようで苦々しかった。

南京大虐殺事件は日本軍慰安婦問題とともに日本右翼が最も隠したがる歴史だ。日本の代表的小説家であり毎年ノーベル文学賞候補で議論される村上春樹は2017年に発刊された小説「騎士団長殺し」で南京大虐殺に言及して右翼から集団攻撃を受けた。この小説の登場人物のセリフに南京大虐殺と関連して「日本軍が降参した兵士と市民10万~40万人を殺した」という表現が出てくることが集中攻撃対象だった。

日本右翼のうちには南京大虐殺事件は操作されたと主張するものもいる。ハルキは自身の小説に対する右翼の攻撃に「歴史を忘れようとしたり変えようとしてはならない」と厳しい忠告を与えたことがある。日本には誤った歴史は正面から向き合ってこそ真に克服することができると言う人々も多い。

[聯合ニュース]

ソース:毎日経済(韓国語)[特派員視線]恥ずかしい歴史は忘れたい日本
https://www.mk.co.kr/news/society/view/2021/02/124671/

 

2:(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2021/02/06(土) 14:05:35.27 ID:itOIDq5y


恥ずかしいのは口を開けば嘘ばっかりのおまえらだよ

 

293:(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2021/02/06(土) 15:49:23.26 ID:p6WUX/UU

いつものように>>2で終わってた

413:(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2021/02/06(土) 18:35:43.39 ID:14G7eN6X

>>2
やめるニダ!取り消すニダ!!!
許さないニダ!!アメリカに言うニダああああああああああ

5:(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2021/02/06(土) 14:06:28.59 ID:Y4jgLPKS


妄想がすぎるw

 

6:(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2021/02/06(土) 14:07:36.48 ID:a9bRTAcZ


事実な部分は忘れないよ?
事実な部分はね?

 

12:(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2021/02/06(土) 14:10:05.86 ID:YzTL8c43


自分たちがそうだからって隣国もそうだと思うなよ

 

23:(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2021/02/06(土) 14:13:40.49 ID:jjJO5qS7


朝鮮人関係なくね?

 

29:(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2021/02/06(土) 14:15:14.75 ID:4Rm6HNWe


なんで韓国人が南京大虐殺のことをごちゃごちゃ言ってんの?
全く関係ないだろうに

 

30:(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2021/02/06(土) 14:15:29.00 ID:0bEJqC5k


>>1
>>70万人の南京市民のうち30万人程が亡くなったと推算している。強姦被害を受けた女性も2万~8万人に達するという。

で?
その遺骨は何処に有るの?

 

48:(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2021/02/06(土) 14:20:38.95 ID:wBC8D3eI

>>30
日本人の記者で唯一、南京虐殺に言及している人間がいてパヨクは彼を持ち出すが、彼は南京には従軍していないんだよね。当時は上海だったかにいて、伝聞を記事にした人物。ほんとうに従軍した記者たちは戦後も一貫して虐殺を見たと言及していない。パヨク学者は従軍記者は軍人に仲間意識を持ち、彼らを庇っているからだとしているけれどね。

36:(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2021/02/06(土) 14:17:02.60 ID:kGyLf4iT


>>1
歴史をコリエイトしている人たちにそんなことを言われましても

 

37:(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2021/02/06(土) 14:17:13.83 ID:403WBRXZ


事実なら埋葬地を探し当てればいいだけ
そんな簡単に何十万なんて痕跡は消せないんだから

 

53:(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2021/02/06(土) 14:21:40.98 ID:NpQaTDnj


韓国こそ忘れたい恥ずかしい歴史が有るんじゃないの。
もしかして歴史は全部忘れて捏造したいかな。

 

58:(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2021/02/06(土) 14:22:34.29 ID:O0735Fwj


根拠は春樹ニダ

>この小説の登場人物のセリフに南京大虐殺と関連して「日本軍が降参した兵士と市民10万~40万人を殺した」という表現が出てくることが集中攻撃対象だった。

 

68:(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2021/02/06(土) 14:27:37.80 ID:LlxAQa5D


恥ずかしい属国の歴史を隠すのに必死な国がありますね!

 

75:(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2021/02/06(土) 14:29:46.40 ID:So4Kw9up


戦争は恥ずかしいって考え自体おかしくないか?
相手国の事を知れば知るほどそう思う

 

80:(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2021/02/06(土) 14:30:51.83 ID:bZp26Hao


>>1
南京大虐殺があったのだから、従軍慰安婦、性奴隷、徴用工はいたとしたわけね。
虐殺があったのだから、当然、半島でも拉致があったんですと、そうでしょう? と話を持って行く。

 

88:(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2021/02/06(土) 14:32:35.14 ID:nvfRwUo0


しかし、特派員がこんな記事ばっかり書いて何になるんだ。

 

110:(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2021/02/06(土) 14:38:37.48 ID:uPATqHgU


韓国人には全く関係ない

 

117:鵜~~ ◆manbou/QqXqK :2021/02/06(土) 14:39:48.65 ID:+5rf3tCW


そも、美術館のHPで、無関係な元の家主の経歴調べようとしてどうするw

 

123:(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2021/02/06(土) 14:41:31.44 ID:Z1Evee8u


30万人虐殺より少ない可能性を指摘すると、中国が怒るぞ

 

124:(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2021/02/06(土) 14:41:47.82 ID:cX2dIfrj


大概の韓国の記事は日本を韓国に置き換えると読める

 

131:(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2021/02/06(土) 14:43:14.80 ID:f6G/7lAh


ええ、全くそのとおりですね
済州島四・三事件とか保導連盟事件とか、
記憶によく留めておかないといけない事件です。