1:樽悶 ★:2020/12/26(土) 23:16:26.35 ID:f7mgMr6C9


※ビジネスジャーナル 2020.12.23 05:50
https://biz-journal.jp/2020/12/post_197203.html
https://biz-journal.jp/wp-content/uploads/2020/12/post_197203_1.jpg

文=深田萌絵/ITビジネスアナリスト

 12月9日、中国でファーウェイの顔認証システムによって、少数民族のウイグル族を検知し、自動的に警察へ通報する仕組みが用いられていると報道された。ファーウェイが中国共産党による少数民族弾圧に加担しているとして、それを批判するかたちでサッカー・フランス代表のアントワーヌ・グリーズマン選手がファーウェイとのスポンサー契約打ち切りを発表した。

 それだけでなく、中国アリババグループもウイグル人を識別するクラウドサービスを展開していたことが報道された。

 技術者であれば、これが単なる「ウイグル族に対する差別」にとどまらず、驚異的な事件だとわかる。つまり、中国が「ほぼすべての地球上の人類の種族を、顔認証システムによって分類できる」能力を持ったという意味なのだ。

 このウイグル“族”を見分ける顔認証システムは、私たちのスマホで利用される「1対1」顔認証で用いられるようなシンプルな顔認証ではない。「1対1」だと、認証側に自分の顔の特徴点情報だけを保存しておけばいいので簡単だが、不特定多数の人々を撮影して通報するというのは、「1対1」ではあり得ない。

 新疆ウイグル自治区に住むウイグル族約1000万人(在日ウイグル族によると、実際は倍以上いるとも指摘されている)の顔の特徴と比較する「1対N」だとすれば、データベース内から1000万回高速マッチングすることになり、かなり高度な技術である。かつ実際の運用は不特定多数の人々を高速マッチングするので、「N対N」となる。

 あるいは、自治区内に在住するウイグル族全体の顔から、種族としての特徴を抽出しているとなると、また別の課題が生じる。

 ウイグル族と一口にいっても、彫りの深い「コーカソイド系」と顔の平たい「モンゴロイド系」の混血が進んでおり、日本人の「弥生顔」「縄文顔」以上に人種認識に必要な特徴点のバラつきは大きい。中国人女性が“なりたい顔ナンバーワン”の女優ディリロバのような彫りの深い美女もいれば、普通に頬骨が大きく張ったモンゴロイド系の顔も少なくない。

 コーカソイド系ウイグル族とモンゴロイド系ウイグル族を、どちらとも「ウイグル族」と認識できるとすれば、基本的人種分類であるコーカソイド系、モンゴロイド系、ネグロイド系の分類がすでにできていることになる。さらに、そこからウイグル族まで分類できる能力があるなら、他の種族も認識できているということだ。

 問題は、そのデータベースはどこから来たのかということだ。

■中国共産党が構築する顔データベース

 中国で監視システムを構築する企業の社員によると、中国では住民票や公民身分証の更新時に顔認証用の情報を取得して、全国民の顔のデータベースを構築している。しかし、中国人の多くはモンゴロイド系であり、基本分類となるコーカソイド系やネグロイド系の顔情報データベースはどうやって構築されたのかと考えると、複数の経路が考えられる。

 スマホの顔認証情報、空港の顔認証情報がローカルの情報としてシステム内にとどまっているかどうかの保証はなく、ハッキングなどの攻撃で流出したり、海外で安価に売られている中国製監視カメラの情報が流出して利用されている可能性もある。

※省略

■トランプ支持者への脅し

 このファーウェイの顔認証技術の報道と相まって、親中派の米民主党州議会議員が「トランプ支持者に支払いを!」と、復讐を呼び掛けている。復讐といっても「誰がトランプ支持者なのか」を、どうやって判別するのかという課題が残る。

 今回、選挙の結果をめぐり「不正選挙だ」と、トランプ支持者たちがデモを行っている間、終始デモ参加者の顔を撮影し続けていた人たちが報告されている。拙著『米中AI戦争の真実』(扶桑社)でも指摘したが、SNS企業は有権者データを収集しており、彼らは民主党を支持している。

 SNS企業がトランプ支持者のデータを持っているので、デモを撮影した動画で得た顔情報を基にSNSでアップロードされた写真と「N対N」マッチングを行えば、処理は重たいがトランプ支持者を特定することは可能である。

 アメリカでは今年6月から左派による暴動で多くの人が命を落としているが、警察や州兵が出動されなかったことが原因だ。権限を持つ市長も州知事も、市民が暴力に晒されているのを知っていても「平和的なデモだ」とコメントするのみだったことを振り返ると、今後、民主党支持者とトランプ支持者の衝突が起こったときには、彼らの身の安全が危ないのである。(続きはソース)

 

8:ニューノーマルの名無しさん:2020/12/26(土) 23:22:11.10 ID:8wMQ9eKb0


ぁーあ、ファーウェイスマホ使っていた奴は知らんぞ。

 

10:ニューノーマルの名無しさん:2020/12/26(土) 23:23:47.93 ID:7lEBI22p0


中国はなんで全世界相手に喧嘩売ってるのかな。

 

14:ニューノーマルの名無しさん:2020/12/26(土) 23:25:58.11 ID:u1hmRSuk0


やっぱりHuawei製のスマホに登録した顔と指紋データは本国に送られてるんだろうか
カメラも遠隔で操作されて監視とかあり得る?

 

24:ニューノーマルの名無しさん:2020/12/26(土) 23:33:41.24 ID:MfEtD+mJ0

>>14
日本でどうか知らないが、過去に中国で、勝手にしゃべるカメラとか動くカメラはあった。
センターに繋がってて、監視員が笑いながらイタズラしてた。
向こうからは見えるし聴こえるし動かせる。

17:ニューノーマルの名無しさん:2020/12/26(土) 23:29:14.27 ID:KZceihS50


顔の情報も指紋も全部中国政府が管理してそうだな

 

21:ニューノーマルの名無しさん:2020/12/26(土) 23:32:10.53 ID:YkRm9/di0


ようこそ夢のディストピアへ

 

22:ニューノーマルの名無しさん:2020/12/26(土) 23:32:12.83 ID:bDvbg4mK0


アイヤー
韓女性の金型はすべて同じ識別できないアルヨー

 

30:ニューノーマルの名無しさん:2020/12/26(土) 23:36:49.54 ID:2bMCWkxT0


公共交通まで身分証で制限されるのはすごいわな

 

32:ニューノーマルの名無しさん:2020/12/26(土) 23:37:10.50 ID:MfEtD+mJ0


ZOOMも証拠が出てきた。
最初から危険だと思ったから使わなかったけどな。
エビデンスが取れたから、基本的に中華アプリや機器は使わないほうがいいぞ。
10年前の機器ならそれほどでもないと思うけど。
ジンバルやドローンも敬遠して正解だった。
DJIみたいな企業は、最初はクリーンでも、普及したら共産党のツールになってしまうのは判ってたから。

 

34:ニューノーマルの名無しさん:2020/12/26(土) 23:37:55.59 ID:KZceihS50


中国って未だにウイグル虐殺し続けてるんだろ
それでも他国からそれが原因では制裁されない
本当にヤバイ国だよな

 

38:ニューノーマルの名無しさん:2020/12/26(土) 23:39:24.69 ID:GzSZ91sv0


イスラム国は中国狙えばいいのに

 

57:ニューノーマルの名無しさん:2020/12/26(土) 23:52:37.41 ID:V4Pj7B0K0

>>38
スポンサーであるアラブの富裕層にハラルな臓器提供してくれるのに、狙うわけないじゃん

42:ニューノーマルの名無しさん:2020/12/26(土) 23:40:13.77 ID:2bMCWkxT0


ウイグルに対する憎悪というよりいろいろ実験しているんだろう

 

46:ニューノーマルの名無しさん:2020/12/26(土) 23:41:40.86 ID:MfEtD+mJ0


中国製の監視カメラも用心したほうがいいよ。
日本にも入ってるけど、たぶん抜かれてる。

 

47:ニューノーマルの名無しさん:2020/12/26(土) 23:41:57.00 ID:1b9tCqjI0


>>トランプ支持者たちがデモを行っている間、終始デモ参加者の顔を撮影し続けていた人たちが報告されている。

沖縄でもパヨクが警備の人の顔写真撮ってたよね

 

55:ニューノーマルの名無しさん:2020/12/26(土) 23:51:00.79 ID:MfEtD+mJ0


TIKTOK使えば世界中の民族の顔データは集まるでしょ。
それで作ったんじゃないの?

 

63:ニューノーマルの名無しさん:2020/12/26(土) 23:56:27.53 ID:srBTlu3H0


tiktokなんかの動画からもデータ取られてるらしいな

 

69:ニューノーマルの名無しさん:2020/12/27(日) 00:05:40.15 ID:FJGQgfBd0


1984の世界とか嫌すぎる

 

35:ニューノーマルの名無しさん:2020/12/26(土) 23:37:55.68 ID:lypZykOn0


ほんま中韓製は怖すぎる